余りに評判が良いので...KZ ZST

此の処、コストパフォーマンスが良いと言われてきているのが「KZ ZST」と名付けられインナータイプイヤフォンです。

形状は写真から見ての通りの変形な△です...ちょい大振りな感じはしますが意外に耳にフィトします。
構成は1BA+1DD...低音用ドライバーx1/高音用ドライバーx1の2way
インピダース 16Ω
能率 105d/b
周波数特性 20h/z~20kh/z
製造国 中国

実の処、昨年の暮れ辺りからちょいちょい噂を聞いて入りましたが...曰く国産機よりコスパ高い、曰く音が良い、曰く当たり外れがある電々….なので手を出し兼ねていたのですが、ボディーカラーがパープルなら外れが無い事が判りました。本来なら国内に取扱店が無いメーカーなので個人輸入する所でしたが、さすがamazonと言うべきなのでしょうか、よぱらった勢いでポチっとなと購入、購入金額は¥2500程度、しかもプライム扱いなので翌日の夕方には到着しました。(アマゾンでの上代は¥7400です)

手元に届き速攻で開封し視聴して見ましたが、投げつけたくなるような酷い音質、一瞬失敗したかな、価格が価格だからと諦めかけましたが先人曰くエージングで音質が激変したと有りましたので、ここは我慢して100時間程度は様子を見る事に...現在の処20時間程度経過しています。確かに好ましい方向に変化して来ました、主にカラフィナを聞いていますが団子でヒステリックなコーラスが為りを潜め、きちんと分解してきました。音域によってはまだカーとかコーとかが耳についてしまいますが、それも時間の問題かなと音の重心も大分だ下がって来ていますのでまだ下がって来る物と思われます。低音域も徐々にですが量感を増してきている様なきましています。
総じて音色は明るいです...
エージング途中なので此の位しか言いようが有りません。

*現在は代理店経由になっています。一年間の保証も付いています。


asus zenpad8.0/z380m...system update

ASUS ZenPad8.0/Z380Mにandroid7.0へのアップデートが降ってきました。アップデートは凡そ40分程度で完了...完了後はお約束の再起動とappの最適化が進行、その後andoroid7.0と対面になります。
以前のもたつき感が無くなりサクッと動作。普段、電子書籍をこれで多く読んでいるのでページの遷移ももったり感が軽減されスムーズにページ移動をしてくれています。


elecom ehp-c3000

ELECOM EHP-C3000...メーカー直販では¥17,000。家電量販店では¥6,000以下で買えてしまうCP抜群のハイレゾ対応インナーヘッドホン(イヤホン)です。
試聴はHTC HTC10/HTV32直差し。*購入したのはカーキ色...ザクを見た様な感じですね。

自炊192k/24bit音源の「karafina」を聞いてみました。
女性ボーカル三人組なので中域から中高域の解像度を要求されます...三人のコーラスが重なるさま、三人が部妙に音域をずらしている様が手に取る様に解像し、息遣いさえ判るオマケ付きにはおどろきました。
高域は天井知らずにバイオリンが駆け上がり、音が消え去るさまが美しく、スネアなどのシャーンと言う音の粒状感が快感をおぼえます。
低音域はベースとドラムス、コンバスなどが重なっても音が濁らずキチンと分解されます。かと言って低域の量が多い訳では無いです。
音場は割と広い方かと思われます...

全体的に聞いて音はフラットな傾向にあり、重たくもならず中庸な音質かときかれます。


htc10/htv32...おと

ユーミンを此の処聞いていました...HTC10/HTV32で。

192k/24bitの自炊音源、インナーヘッドホン(イヤホン)はATH CKR5。再生のappはonkyo HFPlyerと純正googl pryerの二種類になります。
再生音は低域方向はタイト...何方かと言えばモニターサウンドライクな聞かせ方をします。
中音域...ボーカルは小さくまとまり、かと言ってさ行がきつく成ることも無く、結構透明感がありますね。
高音域は結構シャープにスネアーなど楽器の輪郭を出してきます。
低域から高域にかけて空気感や空間の広がりと透明感、そして各楽器の定位も問題なく聞くことが出来ます。

*ATH CKR5はハイレゾ対応インナーヘッドホン(イヤホン)では有りません、最高域方向の伸びに関しては天井が有る様な感じがしますが、普通に聞いている分にはそんな事は感じません。


htc10/htv32...リペアサービス

HTC速報」さんでやっている「リペアサービス」にSIMロック解除と台湾版(andoloid 7.0)への変更をお願いしました。

SIMロックの解除だけならオクの中でも見掛けますが、どうして「HTC速報」さんへ依頼したのかは「HTC」への拘りからなんです...何時もサイトを拝見していたからなんです。ついでに言うとツイッターでもフォローしています。

今回の依頼は上記に記した通りです。
台湾版化した理由を言えば私にはAUのappは全く不必要、邪魔者以外何物でも無いので「HTC速報」さんと相談の上に台湾版化を選択しました。
「docomo」は危なげなく安定して掴んでいるので山歩きしても問題は無いかと思われます。もう一点言えばGPSの補足の速さと精度がsamsungより良いんです。

*リペアーサービスは修理では有りません、あくまでもリペアーです。

細かいレビューは時間を見ながら書きますが、ちょい今回は舞い上がっています。何せ思い通りのHTCが手元に有るからなのです。


LG V20 PRO/docomo L-01J...

HTC10をsimロック解除をするまでの間のメイン機として使うLG V20/docomo L-01Jを購入してきました。
カメラ機能とハイレゾ対応をうたっているので期待していましたね...

自宅に持ち帰り早速にappのアップデートと不必要なappの削除をサックリと済ませて自炊の192k/24bitに変換した「karafina」を聞いて見ました。

再生appは「onkyo HF Player」、ヘッドホンはインナータイプ...本体に付属しているB&O製はエージング不足なので手持ちのat ckr5を使い視聴してみました。
流石にB&O(Bang & Olufsen)を前面に位置出して来るだけの事は有り、高域から低音域まで素直に聞かせてくれます。特にボーカルはふわーと音抜けが風の様に低音域は実態感を持って迫って来ます。高域方向は特に弦楽器が艶やかに伸び、もう一グレード上のatが欲しくなります。本体付属のインナータイプのヘッドホンはハイレゾ対応と明記されているのでエージングが終わったらどんな音を聞かせてくれるのでしょうか???
これだけ音楽に浸せてくれるとは予想外の収穫...下手なポータブルプレーヤーなどは足元にも及ばない位の音質です。音質は好き嫌いが有りますがB&O特有の低音域の厚み...楽器で言えばパイプオルガンのように空気感と音圧が共存するヨーロッパトーンが有ります。

*再生用のappによっても音質は変化します。「onkyo HF Player」を使った場合です。

写真は後日...