KZ ZS6...

「KZ ZS6」...KZ社の新作になり、実売も1万円を切っていますが、かなりの力作です。

見た目は何ですが出て来る音は2DD+2BAらしく各帯域くっきりとならしています。
試聴は「松任谷由実/ノーサイド」...ゆったりとでは有りませんが楽器の持っている音色などを鳴らし分けて、ボーカルの揺らめきなどを聞かせてくれています。
驚いたことに従来のKZイヤフォンに在りがちな低域の甘さも無く打楽器、ベースラインがきりっとした表情を見せてくれている、これには少しばかりの驚きを持ってしまいました。良い意味でのドンシャリ傾向では有りますが...
高域方向と言えば天井が無くスネアやバイオリンの響きが綺麗に減衰していくさまが判ります。若干の雑味は有りますが、この辺はエージングでコナレて行く部分なのでさして気にもしていません。
ZS5との差が気になる処ですが、実の処、出て来る音は別物なので比較のしようが有りません。ZS5が音楽を軽やかに楽しませてくれるイヤフォンとすれば、ZS6は見晴らし良く低域から高音域までIEM風に鳴ってくれると言うべきでしょうか。リケーブルすれば印象がまた変わって来るものと思われます。

*試聴はスマホ直差し
*docomo L-01J/LG V20
*HTC HTC10
*Onkyo HFプレイヤー


KZ ZSE...

KZ ZSE...KZ社の中ではロープライスなイヤフォンです

試聴は「松任谷由実/ノーサイド」...このアルバムのゆったりしたテンポとボーカルの息遣いが判ります。
音質的には同社のZSTの角を丸めた様な優しい聴き商い刺激感のない音質になります。ZST、ZS5にあった軽めの低域では無く実態感を伴った低音域、中高音域では耳に刺さる音は出ず、それでいてスネアなどは驚くほどクリアーに、ボーカルはユーミンらしく軽く伸びやかに聞き取る事が出来ます。音場は横に広く上にはちょと狭いかな程度、不満は有りません。ただ楽器の定位、解像感と音像がちょい甘い気がします、此の甘さはスタガー動作のドライバーから来ている物と思われますが、それはモニター的に音楽をほじくり指しての話、音楽を楽しむには十分なパフォーマンスを持っているのはたしかですね。

*試聴はスマホ直差し
*docomo L-01J/LG V20
*HTC HTC10
*Onkyo HFプレイヤー


SENDIY M2

sendiy M2」…黒檀のハウジングが特徴的なイヤホン

一応ハイレゾ対応と書かれていますが、その辺はちょと怪しいので参考程度にしておいてください。

試聴は何時もの「karafina」と「松任谷由実」でしています…
出て来る音は密度巻の高い音質が特徴でしょうか、かと言って音場は狭い訳では無く逆に広めに感じます。各楽器の距離なども比較的に表現してくれるのと空間に消え入る音も再現され非常に聞きやすいイヤホンでは無いでしょうか。ピアノでは左手やペダリングばかりでは無く打鍵にフェルトが付いている…フェルトから当たっている様子など聞けています。解像度は程々に高くとても1DDとは思えません。
特性等はこちらのサイトに掲載されていますので参考に…

黒檀のハウジングは手作りされている様です。

*試聴はスマホ直差し
*docomo L-01J/LG V20
*HTC HTC10
*Onkyo HFプレイヤー


NICEHCK Bro

海を越えて手元に届きました...「NICEHCK Bro」。送料込みで¥2000程度になります。

初めての海外からの取り寄せ、ちょい不安も有りましたが約1週間程度で到着しました。梱包もちゃんとした段ボール箱+プチプチと厳重だったので輸送時のキズなど心配は杞憂に終わりました。

KZ ZST」との比較に為って仕舞いますが、まだまだエージング途中なので比較と言うまで行きませんがドンシャリな音がしますね。悪い意味では無く元気のある明るく転がる様な音質とでも言いましょうか。兎に角、元気です...気になる耳に刺さるような音は出して来ませんし、低域から高域にかけての音抜けは「KZ ZST」よりは良いかな、これからのエージングによって重心が落ちて来る事を期待しましょうか、何せ2時間程度しか鳴らしていないのでどうのこうのと言うのは早計ですが音全体の印象は、今の処荒っぽくは有りますが質が悪い事は無いです...エージングが進んだ処でリケーブルと言う手も有りますが、今は付属のケーブルで聴いています...ただし、イヤーピースだけは「spifit」に交換しています。付属品のイヤーピースも3種類付属してきていますので、調整は付属のイヤーピースだけでも十分かとも思います。
試聴は何時ものハイレゾの「karafina」です...エージングの済んでいないいない状態ですが3人のコーラスが分離良く聞く事が出来ます。高域はと言えば今は団子になる時も有りますが概ね分解能は高い物と思われます。低域は重低音は今の処は望むべきことでは有りませんがベースラインやドラムスなどここでも分解能の高さの片鱗が見受けられます。メロディーラインも気持ちよく聞き取れていますね。

只、残念なのが見た目が何処かで見た様な形状をしているのは中華と言う事で笑いで済ますことでしょうか、そして国内では取り扱いが無いので海外(香港)からの取り寄せになってしまうのでカードが必須になります。

*試聴はスマホ直差し
*docomo L-01J/LG V20
*HTC HTC10
*Onkyo HFプレイヤー

海外通販ガイド: AliExpressでの購入の仕方

amazonでも入手できるようになりました


Woting Audio HLSX BK50

特徴的な木製ハウジングな「Woting Audio HLSX BK50

これは完全に酔っ払い状態でポチりましたが聞いてみてビックリでしたね。
高域から低域までの音のフラットさ、高域が耳に刺さることも無く、かと言って低域がブーミーでは無く、中音域が出しゃばることも無く全てに於いて中庸とはこの事ですね。
何時も通り「karafina」で試聴開始...音源はハイレゾなので当然ですがイヤフォンには厳しい状態。それでも高域の天井を感じさせることも無く三人の声が解像度も高く美しく聞こえ、ストリングスなども綺麗な音抜けで空間を満たしてくれています。ピアノも左手の音階を破城せずに、またペダル音なども聞こえて...ここまで書いてしまうとモニター的な無機質な音を想像してしまいそうですが、決してそんな事は無く音楽を十分に楽しませてくれます。これでハイレゾ対応なら私には文句なく一等賞物でした。

*試聴はスマホ直差し
*docomo L-01J/LG V20
*HTC HTC10
*Onkyo HFプレイヤー


KZ ZS5...

今更の感がありますがKZ ZSTに味を占めて「KZ ZS5」も購入てしまいました...後日、本国でZS6が発売されてしまいましたが、それでもamazonで簡単に購入できるのがメリットです。

到着時は簡易箱だろうと高を括って輸送箱を開封、明けて見たらDXな箱が出て来たのでビックリ...イヤーピースもこんなに一杯付属してきてついつい当たりくじをを引いた気分でにっこりとしてしまいました。
リケーブルする積りで別売りのケーブルも同時に購入しています。

開封後、早速に聞き始めましたが付属のイヤピースが耳にあわず手で押さえながらの試聴になってしまいましたが心配した高域の暴れも無く、ちょい音は荒いけれどバランスよく聞ける事を確認、後日イヤーピースをSpinfitに変更。
高域、低域とも刺激感がなく特に低域は軽く弾むような聞かせ方をしてきます...低域の量感は若干控えめかな、そんな感じを受けます。私にとって一番の関心はボーカルが気持良く聞こえるかどうかですが、いつもの「karafina」が出しゃばりもせず軽やかに各ユニットを分離してくれることから分解能は高いかと思われます。音色的にはリケーブルの影響から明るく楽器にしろボーカルも空間を満たしています。

*試聴はスマホ直差し
*docomo L-01J/LG V20
*HTC HTC10
*Onkyo HFプレイヤー

-追記-
最近amazonでも「KZ ZS6」の取り扱いが始まりました。


Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

買っちゃいました...「Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD」を、これamazonで¥3,498と言う価格。これ「ハイレゾ」対応なんです。

当然中華製なのですが...下調べの段階では高域が耳に刺さる、低音域が弱いだの言われていましたが大方下手な?マン円機よりは解像度も高いとの評判でしたので、実際の処どうだろうかと購入してみました。

私が購入した個体では言われている高域と低音域のバランスも整っていて問題なく素直にフラットと聞こえました。リファレンスとしているELPA PH3000と傾向が似ていて、天井方向もすっきりと伸びやかに弦楽器が駆け上っていく様が手に取る様に判ります...試聴は何時もの「karafina」音源は当然ですがハイレゾで聴いています、いまさらMP3には戻れないです。

中低音域から低域にかけてピアノの左手も明瞭に聞き取れ、ピアノの響きに影響しているペダルの違いも聞き取れますね。そして3ユニットのボーカル、ややもするとヒステリックになったり団子になったりします...ここでも、明瞭に微細に解像度高く気持ち良く歌ってくれています。問題の再低域ですがリズムセクションも破状せずに伸びやかに...ただ量感が有るのではなく有る程度リファレンスよりは締まり気味に聞き取れます。

音場ですが広すぎもせず、かと言って狭くも無い感じで丁度よい感じ中庸と言ってよいかなと思います。

*小米、シャオミと言うメーカーです。
*docomo L-01J/LG V20
*HTC HTC10
*Onkyo HFプレイヤー

本来ならば専用のヘッドフォンアンプなど用意してと言う処ですが、其処まずせずともハイレゾ対応のスマフォで試聴しています。
このイヤフォンは持っていても良いかと...価格も手頃ですし2DD/1BAですしね。

-追記-
9/12 特定の音圧になるとブチブチと歪み出して来たのでtjcさんに連絡を入れましたが、担当者からまだ連絡を頂いていません。夕方に連絡が有り現品を確認したしたいと連絡を受けました。
9/15午前中指定で発送...結果がどうなることやら。
9/20 サポートセンターへどうなっているのか聞くために電話を入れた処、折り返し担当者から連絡を入れますとの事。18時過ぎに担当者さんから故障を確認したので現品交換するとの話し、交換品を発送した旨の連絡を受けました。
9/21 予定通りに交換品が到着しました。サポートには概ね満足しています。


リケーブル...KZ ZST

大分、エージングが進んできたので「KZ ZST]のオプションのケーブルを購入しました。
(Wooeasy KZX4129 KZ ZST アップグレードケーブル)

付属のケーブルとの比較に為って仕舞いますが、音の見通し...音場の見通しが良くなってきました。決して付属のケーブルが悪いとは言いませんが、何て言うのか一皮むけたようなかんじです。
女性ボーカル、男性ボーカル、どちらも音抜けが良く鼻に付く様な事も無くさらっと気持ち良く聞けますね。高域には銀メッキ線の特徴かと思われるちょいキラってのが有りますが、丁度良いアクセントに。低域はブーミーにならず適度に締まって小気味よくリズムを刻んでくれます。全体的に音場は明るい感じ、良い意味でのドンシャリ傾向に有りますが、耳に刺さる様な音は現在では鳴りを潜めて小気味よく聞けます。まだ変わって来るとは思いますが低音の重心がまだ高いかなと。これがエージングで思いの位置に下りてくればベストですね。

購入価格からすれば、価格以上の音は聴けているのでは無いかと思われます、ただエージング時間の長さを我慢できればの話になります。

中華イヤフォン沼に浸かってしまいそうな感じがしているこのごろです。


余りに評判が良いので...KZ ZST

此の処、コストパフォーマンスが良いと言われてきているのが「KZ ZST」と名付けられインナータイプイヤフォンです。

形状は写真から見ての通りの変形な△です...ちょい大振りな感じはしますが意外に耳にフィトします。
構成は1BA+1DD...低音用ドライバーx1/高音用ドライバーx1の2way
インピダース 16Ω
能率 105d/b
周波数特性 20h/z~20kh/z
製造国 中国

実の処、昨年の暮れ辺りからちょいちょい噂を聞いて入りましたが...曰く国産機よりコスパ高い、曰く音が良い、曰く当たり外れがある電々….なので手を出し兼ねていたのですが、ボディーカラーがパープルなら外れが無い事が判りました。本来なら国内に取扱店が無いメーカーなので個人輸入する所でしたが、さすがamazonと言うべきなのでしょうか、よぱらった勢いでポチっとなと購入、購入金額は¥2500程度、しかもプライム扱いなので翌日の夕方には到着しました。(アマゾンでの上代は¥7400です)

手元に届き速攻で開封し視聴して見ましたが、投げつけたくなるような酷い音質、一瞬失敗したかな、価格が価格だからと諦めかけましたが先人曰くエージングで音質が激変したと有りましたので、ここは我慢して100時間程度は様子を見る事に...現在の処20時間程度経過しています。確かに好ましい方向に変化して来ました、主にカラフィナを聞いていますが団子でヒステリックなコーラスが為りを潜め、きちんと分解してきました。音域によってはまだカーとかコーとかが耳についてしまいますが、それも時間の問題かなと音の重心も大分だ下がって来ていますのでまだ下がって来る物と思われます。低音域も徐々にですが量感を増してきている様なきましています。
総じて音色は明るいです...
エージング途中なので此の位しか言いようが有りません。

*現在は代理店経由になっています。一年間の保証も付いています。