満天...

夏以来のD700...機材一式は重かったです。

Nikkor AF-S 24-120mm ED VR F4G (Nikon D700)

久しぶりの夜間撮影、ちょと寒かったけれど楽しかった...近所の大学でのイルミネーション。


Galaxy Note SC-05D...

新型が出たので、ま~、心置きなくカスタムカーネル遊びをなんて考えていますが、取りあえずroot化しないと何も始まらないので「CWM」を入れ、手始めに「sakuramilk」さんが公開している純正系を入れてみました。本当はNightlyが有れば良かったのですが...4.1しか無いので今回は、4.0.4の純正系です。

動きの方は「docomo」謹製のアプリがてんこ盛り状態なのでお世辞にも「ヌル」とか「サク」ではないです。パレットUIを凍結しただけでも改善されます。


北精進ヶ滝...観曝台から

一昨年、二月後半...氷瀑の姿が少しばかり崩れていますが。

Nikkor AF-S 24-120mm F4G ED VR (Nikon D700)

1月後半から、2月前半の厳冬期なら全面、凍てついた北精進ヶ滝の姿が見られるはず。一昨年はちょいと遅れたために滝中央が溶け落ちてしまいました。落ちた氷雪は滝壺にたまり、前衛の滝を覆い隠してしまっています。

今年の春に訪れた時は、遊歩道は昨年の台風の影響から崩落や落石などで普通には行き着ける状態ではありませんでした。現在も観光で訪れる事は出来ません。駐車場から対岸に渡る橋には鉄パイプで入山禁止の措置が取られています。

当然ですが、この季節は林道を車で通行する事は禁止されていますし、装備や知識の無い方には非常に危険です。


そろそろかな...

引っ越し後10日程たち、少しですが生活が落ち着いてきました。二店舗掛け持ちの仕事にも慣れてきて、後はあいている時間をどう使うかを検討しています。
撮影活動を再開するのはもうチョイ先ですが、たぶん生まれ育った街の俯瞰からかなと...
もう一つのPCやら、スマフォ弄りは、そろそろ再開します。弄りたかった「docomo galaxy note SC-05D」、情報も集まって来たのでCM10(andloid 4.1)に変更の予定...ちょとオリジナルと比べて難点も有りそうですが、別のappを使うことでカバー出来そうですし、何とかなるでしょう。
ネット環境...プロバイダーで迷いがあります...明日あたりに結論を出さなければ今年中に引けそうもないですし、いつまでもテザリングに頼ってもいられませんからね。


ねこ写...

近所のコンビニにて...

docomo galaxy SⅢ

好きなトラトラねこさん(きじトラ)、人懐こくて思わず食べそうな鳥串を与えてしまいました。「ねこさらい」したかったけれど、アパートで猫さんと同居できるかは不明だったので、今回は見送り。


引っ越し...

昨晩、引っ越しをしました...大家さんから入居が可能になったと一昨日連絡を貰い、早い方が良いだろうと手伝い仕事が終わった後に、荷物を積み込みアパートに。
暗くなってからの引っ越し作業だったので「夜逃げ」のように見えたかも。部屋の方は荷物を運びこんだばかりなので整理はこれから。まだカーテンも無く、ネット環境も無いけれど、ボチボチと生活環境の構築を急がず、出来る範囲で優先順位を付けてです。転居先は私の生まれ育った街なので土地勘などは有るので迷子になる心配もないし、不便はないですね。

やっと欲しかった住所が手に入りました...


Re Start...

予定よりはちょい早いけれど「re start」できそうです...
先日、某ファミレスでのダブルワークが可能になり...ま~、社員扱いの準社員に格上げになりまして、暫くは二店舗を行ったり来たり、少しは独立に近づいてきました。ただ困ったことに住まいは12月からの約束なのでウイクリーでも借りようかなと思案中。
もう少し居候をさせてくれると有り難いのですが、手伝いが出来なくなるので...答えは明日ですね。出て行けと言われるかどうかは。


一回忌...

昨年10月に亡くなったお袋さんの一回忌を先日済ますことが出来ました...今の私に出来る事はお寺さんで菩提を弔って貰う事だけ、人寄せをすることは出来なかったけれど2人の叔母ちゃん、従兄の奥さんが来てくれ、参列してくれたこと、本当に有りがたかった。
お寺さんへのお礼、本来なら結構な経費が掛かるのですが、従兄がお寺さんなので私の精一杯の範囲で...気持ちで良いよと、助かりました。

来月から実家の近所のアパートに移ります。もうお願いしてきてしまいました...居候からの脱出です。アルバイト、ファミレスでしていますが時間数を今の倍にする事で対応します。それでも、今と違い週一で休みが有るので、休みの日は撮影に回す事ができますね...そして仕事探しもできます。
亀のように遅い動きかも知れないけれど、転ぶ訳には行かないので、あちらこちらと石橋を叩きながら、叩き壊さないように歩くしか無いんです。


22年...

先日、別れた息子に22年ぶりに会いました...
いい男に成長していました。
離婚した時の子供の年齢は5才...それ以来。
いきない訪れた私に警戒する様子も無く、素直に育ったようで目に一点の濁りも無いように見えました。別れた奥さんに感謝。再婚もせず、息子を育てていた。
笑われました...何を話してよいのか判らないと、別れた奥さんと話しました。「貴方の息子でしょ...正真正銘の貴方の子供でしょう」と。
今更、父親ずらする事はとても出来ません...別れた奥さんは「貴方の事」を息子に伝えていたと...今も変わらず、明るい声で答えてくれました。普通なら警戒されて当たり前なはず。それすら感じられなかった。この歳になって初めてわかる事...感謝しか無いです。