タグ別アーカイブ: docomo

気が付けばお持ち帰り

前回の伝手をふんでしまった...docomo dtab compact d-02H

同じような板をまたしても購入...dcomoへ支払いに行ったのに帰ってきたら、こんなのを持ち帰って来た。ま~、2年縛りは何時もの事だけれど毎月の支払金額がー980になったから良しとしよう。
スペック的には今時の標準、ベースになって居るのは「ファーウエイ M2」だから、考えように拠ってはオイタのベースになるかしらと良からぬ事が頭の隅っこに浮かんで来ますが...うん、ちょい調べてみようかな???

galaxy noteⅡ/sc-02e..cm-13.0-20160515-AOJP-NIGHTLY-sc02e

相も変わらずにma34sさんの追っかけをしています。
Screenshot_20160516-171959
Screenshot_20160516-172008

コメントにCM13を入れたいと有りました...簡単に記述すればma34sさんのサイトに行きodin用のCWM(カスタムリカバリー)をDLしodinを使いCWMをインストールします。CWMの起動はボリュームup+ホームキー+電源ボタンの同時押し。docomo画面が出て来た処で電源ボタンのみ放す、これでCWMが立ち上がります。CWMの使い方は他のサイトを検索してください。
同じくCM13もma34sさんの同じページに有りますのでDLしてSC-02EのCWMを起動する前にSC-02Eへ転送して下さい
opengappsも必要になります。(CM13を入れた直後にCWMからインストールします)

注意点としては「オサイフ」以外の機能は使えなくなります(オサイフ機能は使っていないので動作未確認)
odinが使える事、rootが取って有る事が前提になっています。

参考...徒然Life

galaxy noteⅡ/sc-02e...cm-13.0-20160406-AOJP-sc02e

今更ながら「cm-13.0-20160406-AOJP-sc02e」です...非常に安定動作していますが、オサイフ機能は使わないので、オサイフ機能に関しては動作未確認になります。
Screenshot_20160508-002349

Screenshot_20160508-135421
公開から一ヶ月たってから、何故今更と思われますが、動作の確認に手間取ってたと言おうか、これを書くか如何かを迷っていました。
書いた理由は「気に入った」の一言しか有りません。途中ででコケる訳でも無く、さりとて特別な機能が在る訳でも無く、極々普通に動作するからです。普通に動作する事が、どれだけ高度な技術に支えられているかは判る方にしかわからない事だからです。

LG G2/L-01F…ResurrectionRemix-M-v5.6.8-20160505-l01f

セキュリテーパッチ5/1のRRが文具屋さんで公開されました。
Screenshot_20160507-113422

Screenshot_20160507-113423
使い勝手は前バージョンと変わらず、安定度もかなり高いようですね。

RRが判らないかたへ...
cyanogenmod/CM13(Andloid 6.0.x/Marshmallow)をベースに機能を拡張したROMです。

ResurrectionRemix-M-v5.6.8-20160505-l01f
gapps

LG G2/L-01F…cm-13.0-20160421-NIGHTLY-l01f

お~い、お願いだから日本語文字入力が出来る様に対応してくださいな...
20160422_201749_HDR

動きは問題なく、グーグル音声入力だけなら日本語はokなのですが、文字入力だけが対応していないのが悲しいかな~。CMの方へサポートをお願いして見ようかなと考え中なこの頃です。

この動作速度なら今の最新機種...docomoで販売されているどの機種にも引けを取らないキビキビした動きは良いですね。

cyanogenmod/CM13(Andloid 6.0.x/Marshmallow)

LG G2/L-01F…ResurrectionRemix-M-v5.6.5-20160327-l01f

文具屋さん、ビルドとローカライズを有難うございます。
Screenshot_20160410-135650

Screenshot_20160410-135656

Android 6.0/6.0.1 Marshmallowを使って見たかった処「文具屋」さんで「RR」が公開されていたので早速に使わせて頂きましたが何の問題も無くするすると実用に...あっけ無いほどに無問題で動作しています。

ResurrectionRemix-M-v5.6.4-20160309-l01f

LG G2/L-01F…TWRP 3.0.0-0

L-01F用のTWRPがバージョンが上がり3.0.0-0がリリースされていました。
20160229_214321

機能的には以前のバージョンとは大きく変わりませんが「日本語」表示に対応...フォントがちょい中華なのであれなんですが、私自身は従来通りの「英字表記」で使うので気には為りません。ソースからリビルトをすればフォントを変更できますが、そんな根性は無いので有り難く其の儘で使わせて頂いています。

twrp-3.0.0-4-l01f-bump-blastagator-signed

LG G2 L-01F/CloudyG2 3.3

ここ数日あまり使っていますが再起動もせず、一応安定動作をしています。
CloudyG2 3.3はCloudyG2 3.2のバグフィックスバージョンです。
Screenshot_2015-07-07-23-25-45

強いて難点を言えば3Gに落ちてから4Gに復帰するまでに時間を要する傾向があり、その辺り何だかな~と...回避する手立ても無い訳では無くて某ベトナムで公開されているパッチを適用すれば問題は回避されます。手間って言えば手間ですが4Gまでの復帰時間を考慮すれば大した手間では無いでしょう。

CloudyG2 3.3
Patch_Fix_Signal_All_Variants(修正パッチ)

初めて見ましたよ...なにぶん田舎な物でから、こんなのは目にする機会がありません。
Screenshot_2015-07-07-16-20-20

LG G2 L-01F/mixer_paths.xml

CloudyG2 3.2用mixer_paths.xml...ハイレゾ再生に関係する部分のみstockから変更。単純にバランスを取っただけですが低域から高域まで多分エネルギーバランスが取れているんじゃ無いかなと...オマケがスピーカーでの再生で問題が有った低域のカットオフも変更しています。

本体スピーカーの低域のカットオフを規定しています...三ケ所あるので同じ値を入れる。
<ctl name=”RX7 HPF cut off” value=”MIN_3DB_100Hz” />

以下の記述は96k/192kも同じ値です...
<path name=”headphone-24bit-48khz”>
<path name=”headphones” />
<ctl name=”SLIM_0_RX Format” value=”S24_LE” />
<ctl name=”SLIM_0_RX SampleRate” value=”KHZ_48″ />
<ctl name=”HPHL Volume” value=”14″ />
<ctl name=”HPHR Volume” value=”14″ />
<ctl name=”RX1 Digital Volume” value=”54″ />
<ctl name=”RX2 Digital Volume” value=”54″ />
<ctl name=”COMP1 Switch” value=”1″ />
</path>

この辺りの情報は需要が無いかと思いますが、ま~覚えと言う事で...少しでも良い音を聞きたい方向け。