umidigi F1/magisk…その後

magiskを導入するのにはTWRPが入っている事が前提になっています。
今回はカスタムROMでは無くストックROMに入れてみました。ストックはandroid 9になります。手順自体は変わらずにカスタムROMに入れ替えられると思います。

前回の記事のリンクからmagisk-23,0をダウンロードしてきます。ダウンロード後magiskの拡張子”apk”をzipに書き換えしてスマホのダウンロードディレクトリに転送します。転送後TWRPを使いmagiskをインストールします。インストール後スマホを再起動させ画面内にmagiskのアイコンをタップし起動させます。画面下にあるモジュールアイコンをタップしその中に”magisk hide props config”が有るのでそれを選択して下さい。次にXDAから”universal safetynet fix”をダウンロードして来ます。それもスマホのダウンロードディレクトリに転送します。拡張子がAPKのままなのでスマホのファイラーからuniversal safetynet fixをインストールします。その間、再起動が必要になるので気長に作業していきます。

で、全てがうまくいくと…

別口のアプリで再確認すると…

すると”CTS”もOKに…でもね。

で、このままでは気に入らないので原因を探るとキャシュ類が悪戯している事が判明、なのでTWRPを起動し”Dalvik/ART CacheとCache”からシステムキャシュを削除します。

そうすると、目的であったPlayプロテクトの解除に成功しました。

umidigi F1/magisk

nameさんから以下のコメントを頂いたので”magisk”を使ってみようかと…何分にもmagiskは初めて扱うので見様見真似、手探り状態からのスタートになります。
magisk自体はあちらこちらにありますが、ちょい怖いので公式からDLしました。バージョンはv23.0が最新の安定板の様なのでこれをインストール。rootを取る事が目的ではありません、rootは副産物と考えています。

”magisk hide props configやuniversal safetynet fixというモジュールを使うと隠せるはずです
magisk hide props config→機種の偽装etc
universal safetynet fix→ブートローダー解除情報の偽装”

nameさん、有難うございます。”magisk”1年生なので一つずつやって行きます。

docomo dtab compact d-02k

dtab compact d-02kをヤフオクで購入しました…d-01jをまだまだ使いたかったのですが、流石に16gbではappのupdeteも儘ならなくなって来たので止む無くd-02kを購入した訳です。本来ならM3かM5辺りが欲しかったのですが、私の小遣いでは手が届かず見送りに…

おいたの情報が全くと言って良いほど無いd-02kですが、どうなるんでしょかね。ま~、取り敢えずは自炊している電子書籍が読める様にする事から始めますか。

docomo dtab d-02h/Huawei Update Extractor

update.appからファイルを抽出するPC用のアプリケーションです。
詳しくはxda-Huawei Update Extractorをご覧ください。
HuaweiUpdateExtractor_0.9.9.5.zipを展開後UPDATE.APPを読み込み「BOOT.img、CUST.img、SYSTEM.img、RECOVERY.img」の4ファイルを選択して抽出。インストールコマンドは以下の通り。

adb fastboot flash boot BOOT.img
adb fastboot flash cust CUST.img
adb fastboot flash system SYSTEM.img
adb fastboot flash recovery RECOVERY.img

umidigi F1/野良apk…その後

playプロテクト…結構、難儀しています。ブートローダーアンロックが掛かっているか、掛かっていないかで結果が大きく変わって来るからです。ブートローダーがロックされている状態で端末が認証され、アンロックの場合は認証不可になってしまいTWRPが使用出来ません。う~ん、どうしたものやら…解決策が見つかるかな、まだまだこの問題は続きます

umidigi F1/野良apk

どちらのapkを使っても同じ結果が出るので、う~ん首を傾げています。

Device ID Android ID_v2.2_apkpure.com.apk
Device+ID.apk

googleのセキュリティーが厳しくなったのが2021/3-16からなんですね、カスタムROM/GSIにGSF(グーグルサービス)を使おうとすれば以下のコマンドを利用するか、上記のid生成用の野良apkを使うかしか有りません。

adb shell’sqlite3 /data/data/com.google.android.gsf/databases/gservices.db“ select * from main where name = \” android_id \”;” ‘

私の環境ではコマンドを実行すると、そんなデーターidは無いぞとエラーコードが帰ってきてしまい残る手段は野良apkを使いidを生成する事しかありませんでした。

実行結果は認定されていませんが、何故かGSFは使えるようになっていました。

警告が出っぱなしと言う中途半端な結果で、何となく釈然としないので現在進行形で追いかけています。

docomo dtab d-02h for M2 file

リクエストの多かったM2化用ファイル群です。現在では大本のリンク切れでDLは出来ない物ですね。

・M2 5.1化用
M2-802LC229B005CUSTC229D002
Android 5.1 アップグレードパッケージ(M2-802L).zip

・B205->B207用
M2-802LC229B207CUSTC229D
update.zip、filelist.xml、changelog.xml

・B207->B209用
M2-802LC229B209
update.zip、filelist.xml、changelog.xml

・d-02H 初期化用
M2-802LDV100R001C137B020
M2-802LDV100R001C137B020_Firmware_Japan_NTT DOCOMO_Android 5.1.1_EMUI 3.1_05013JYX

umidigi F1/AOSP system-roar-arm64-ab-gapps

新しいAOSP、gapps付はインストール自体は問題なく出来ますがandroid_idを要求されるので、そこから先に進めません。

若しやと思いgapps無しをインストール、この場合は無問題で起動しますが、gappsを入れた途端に写真の画面にもれなく遭遇します。後、何種類かのカスタムROM/GSIを試しましたが、どれもこれも同じ状況に…google、セキュリティーに厳しくなったのかな。

参考

HUAWEI P30 Pro

HUAWEI P30 Pro、必要に応じて、必要な物を追加したり、不必要な物を削除したりします。

・HUAWEI端末オリジナル機能復活
あると便利だと思います。2つめのスクショ音はオフにしてもロングスクリーンショット時には鳴ります。

通信速度表示設定復活
 adb shell settings put system show_network_speed_enabled 1
スクリーンショット音の無効/有効切り替えスイッチの復活
 adb shell settings put system always_play_screenshot_sound false

・ドコモアプリ削除

ドコモアプリケーションマネージャー
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.applicationmanager
docomo LIVE UX
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.dhome
docomo LIVE UXバックアップ
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nextbit.app
dマーケット
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.store
ドコモ電話帳
 adb shell pm uninstall –user 0 com.android.contacts
ドコモメール
 adb shell pm uninstall –user 0 com.sec.android.app.saspmodemailerprovider
ドコモメール
 adb shell pm uninstall –user 0 jp.co.nttdocomo.carriermail
アプリクラッシュレポート
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.bugreport
dcmpushaggregator
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.pf.dcmippushaggregator
docomo Authenticator
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.accountauthenticator
ドコモ位置情報
 adb shell pm uninstall –user 0 jp.co.nttdocomo.lcsapp
ドコモ位置情報SUB
 adb shell pm uninstall –user 0 jp.co.nttdocomo.lcsappsub
ドコモ文字編集
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.voiceeditor
スケジュール/メモ・トルカ同期
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.databackup
スケジュール&メモ
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.schedulememo
dメニュー
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.dmenu2
ドコモデータコピー
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.sdcardbackup
ドコモ音声入力
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.dcmvoicerecognition
おまかせロック
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.remotelock
遠隔初期化
 adb shell pm uninstall –user 0 com.nttdocomo.android.wipe

*rootはとっていないので、工場出荷時リセットをすれば元通りになります。リセット時にデータは消えるのでバックアップはとりましょう。SIMフリー端末として利用するときはdocomoアプリは片っ端から削除しても問題ないかと。docomo回線で利用する場合は必要に応じて残した方がよいと思います。

umidigi F1/lineage-18.1-20210317-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvS

う~ん。いつもと変わらないセキュリティーアップデート…安定のカスタムROM/GSI。これでgapps付でも有れば文句なくど安定の座を獲得するのにな~と考えてしまいますが、夢は程々にしておきましょうね。

私がカスタムROM/GSIを選択する基準は定期的にセキュリティーアップデートをしてくれる処を選んでいる積りです。沢山あるカスタムROM/GSIでも、私の知る限りでは片手くらいしか有りません。その中から記事にできるのは精々3本くらいなものです。

lineage-18.1-20210317-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvS