umidigi F1/野良apk

どちらのapkを使っても同じ結果が出るので、う~ん首を傾げています。

Device ID Android ID_v2.2_apkpure.com.apk
Device+ID.apk

googleのセキュリティーが厳しくなったのが2021/3-16からなんですね、カスタムROM/GSIにGSF(グーグルサービス)を使おうとすれば以下のコマンドを利用するか、上記のid生成用の野良apkを使うかしか有りません。

adb shell’sqlite3 /data/data/com.google.android.gsf/databases/gservices.db“ select * from main where name = \” android_id \”;” ‘

私の環境ではコマンドを実行すると、そんなデーターidは無いぞとエラーコードが帰ってきてしまい残る手段は野良apkを使いidを生成する事しかありませんでした。

実行結果は認定されていませんが、何故かGSFは使えるようになっていました。

警告が出っぱなしと言う中途半端な結果で、何となく釈然としないので現在進行形で追いかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*