Galaxy NoteⅡ SC-02E/これは痛い...

CM-10.2 MIKU-AOJP-EXPERIMENTAL...AGPSは問題なく動作しますが、GPS衛星を補足しない。街中なら問題にならない事ですが、私の様に深い山に入る趣味が有る場合はfoma+も掴まない場所が多いので、かなり痛い...動き出したばかりのOSなので、仕方無いです。AGPSが正常に動作しているので里山程度なら不自由は無いですね。だいたいdocomoでは無いバージョンのOSですから。
*私の個体だけの問題かもしれません。
Screenshot_2013-08-15-11-44-47

Galaxy NoteⅡ SC-02E/CM-10.2 MIKU-AOJP-EXPERIMENTAL

色々と不思議な事も有りますが、通話など主要な機能に問題やエラーが無いのが確かめられたので...ワンセグはエラーで見られませんが、mikuの可愛さで許しちゃいます。
Screenshot_2013-08-14-20-18-29

Screenshot_2013-08-14-20-19-08

気になるLTEの掴みはと言えば...
Screenshot_2013-08-14-20-19-31

jellybamと大差ない程度にLTEを掴んでいますね...これは主観ですが、過去公開されたCMより通話品質は良い感じです。何に起因しているかは判りませんが明瞭に通話ができます。

これは先日書いた通り...
Screenshot_2013-08-14-23-06-04

ばっちり動作しました...オサイフ機能。
Screenshot_2013-08-14-23-12-11

相変わらず日本語入力はPBOXなんです...使いやすいので離れられないんです。
Screenshot_2013-08-14-20-19-59

これは至極、私の個体???、手順の問題かもしれないが「root」が行方知れずになってしまい首を傾げたまま。手を変え、手順を変え...いままで、こんな事は無かったのに、何故か今回は「root」が家出をしたまま、時間が出来た処で再インストールですね。
私の設定の不手際からでした...「root」取得できていました。知らないって事はある意味怖い事ですね...要らぬ誤解を招いてしまう。

ma34さんのお知恵を借りました...有難うございます。

Galaxy NoteⅡ SC-02E/GNT2eXT

私的にはオサイフは使わないけれど...若しかしたら使うかも知れないので、ちょい嵌った事も有ったので忘備録です。
カスタムロムからではオサイフにキーが取得できないので純正romに戻してから「root」を再取得。この時にCWMを入れてしまうとオサイフが起動しません。
osaisu

CWMを入れる前に一度オサイフを起動、その後GNT2eXTをインストールして起動。オサイフのキーをバックアップ。

Galaxy Note SC-05D/GPSが気に入らない...

Android4.1.2にupdateしたGPSの取得時間が気に入らない...data取得に時間が掛かり過ぎ。落ち着くまでに馬鹿野郎と言う時間が掛かる...で、どんな設定がされているのかを覗いて見ました...

/etc/gps.conf...長々と設定項目が有りますが、必要な処だけ。
#Test
NTP_SERVER=time.gpsonextra.net
#Asia
# NTP_SERVER=asia.pool.ntp.org
#Europe
# NTP_SERVER=europe.pool.ntp.org
#North America
# NTP_SERVER=north-america.pool.ntp.org

XTRA_SERVER_1=http://xtra1.gpsonextra.net/xtra.bin
XTRA_SERVER_2=http://xtra2.gpsonextra.net/xtra.bin
XTRA_SERVER_3=http://xtra3.gpsonextra.net/xtra.bin

################################
##### AGPS server settings #####
################################

# FOR SUPL SUPPORT, set the following
# SUPL_HOST=supl.host.com or IP
# SUPL_PORT=1234

# FOR C2K PDE SUPPORT, set the following
# C2K_HOST=c2k.pde.com or IP
# C2K_PORT=1234

あ~...GPSデータの取得に必要なタイムサーバーが無~い。おまけにAGPSの設定が全てコメントアウトされている~~~~~
先例は無いかとググって見てもSC-05Dに関しては皆無。先例となるのはSC-02Cなどですが記述がちょい古い、今は使われていないファイルなども記述されていたり...これは無視すれば良いだけなので。
で、gps.confの記述を頼りにタイムサーバーの変更をする訳ですが、手掛かりは「NTP_SERVER=asia.pool.ntp.org」...流石に時間データを取得するには、データー取得の経路が長い。データー表示の時間が掛かるので国内のタイムサーバーを使用して少しでもデータ表示時間の短縮を図る事が必要なんです。

参考/推奨公開サーバ(wiki)
上記参考のwiki内に有りましたね「NTP POOL PROJECT」...まんま「asia.pool.ntp.org」を指定しても良いのだけれど、何処から取得するのか判らないので、決め打ち的に近い処を指定した方が良いので...国内に有る以下を指定。
server 0.jp.pool.ntp.org
server 1.jp.pool.ntp.org
server 2.jp.pool.ntp.org
server 3.jp.pool.ntp.org

実際の変更後の記述は...
NTP_SERVER=jp.pool.ntp.org
NTP_SERVER=0.jp.pool.ntp.org
NTP_SERVER=1.jp.pool.ntp.org
NTP_SERVER=2.jp.pool.ntp.org
NTP_SERVER=3.jp.pool.ntp.org

*複数、設定したけれどラウドロビンなので「jp.pool.ntp.org」でも良い気がしますね。

より時間精度を求めるのなら「独立行政法人情報通信研究機構 (NICT)」の日本標準時プロジェクト 公開NTPを利用する。早い話が日本標準時間を決定している原子時計の運用元。
NTP_SERVER=ntp.nict.jp
NTP_SERVER=ntp-a1.nict.go.jp
NTP_SERVER=ntp-b1.nict.go.jp

NTP_SERVER=time.gpsonextra.net...これ、アメリカのタイムサーバーなので当然コメントアウト。

#NTP_SERVER=time.gpsonextra.net

NTPサーバーを変更した事なのでデバックレベルは
DEBUG_LEVEL = 3 → DEBUG_LEVEL = 0

AGPS server settings、以下のホストは現在は死んでしまっているので...生きている物に変更。
# SUPL_HOST=supl.host.com or IP
# SUPL_PORT=1234

SUPL_HOST=supl.google.com
SUPL_PORT=7276

AGPSの補正情報を取得する
# C2K_HOST=c2k.pde.com or IP
# C2K_PORT=1234
上記記述をコメントアウトを削除(#を削除する)

C2K_HOST=c2k.pde.com or IP
C2K_PORT=1234

体感できるだけの効果があるかは主観なので不明ですが、安定度は増してきましたね。
*ファイルを変更する前には必ずバックアップを作成してから...

Galaxy Note SC-05D/Xperia Launcher 3.0.0

昨日の「気分はXperia Honami」の続き...
device-2013-08-08-142448

DLした各Widgetは、基本的には「/system/app」に移動してからインストール作業に入る事になります。
ここで問題が出て来ます。非rootの場合Widgetがインストール出来ないのではと...

「system」内に移動しなければインストール出来ないWidgetは以下の通りです。
*OnOffToolsX.apk
これの機能は、android 4.1.x以降に乗せられたプルダウンしてくるタイルをWidget化した物ですが機能が拡張されています。
device-2013-08-09-123735

これ以外はインストール可能です。私の環境だけかも知れませんが動作しなかったWidgetは以下の通り。
*MusicWidget.apk
*TopContactsWidget.apk

背景は「google play」からXperia用のライブ壁紙をインストールしています。
device-2013-08-09-095837

私の場合日本語エンジンに「pobox 5.4」をも導入しました。
device-2013-08-09-122009

おどろいたぞ~.../エリアメール

いきなし大音量で...タブレットと合わせて6台からエリアメール独特の警告音が鳴り渡りました。
device-2013-08-08-175146

本まもんの警告音を聞くのは初めてなので、最初は何のことやら。で、本文を読んだら地震速報だったんですね。警告音が「ゴジラ」そのもので無かった事に安堵しました。

実際は大規模な地震では無く、震度1以下の揺れだったようで、ほっとしましたが親父が結構な年齢なので、場合によっては飛んで行かなきゃが頭の中を過ったのも事実なんです。

カスタムロムに入っていない場合が多いので...SC-05Dから引き抜きました。
エリアメール/エリアメール_03.00.10002.apk

Galaxy Note SC-05D/気分はXperia Honami

「Xperia Launcher 3.0.0」を入れました。ま~、気分は「Xperia」ですか???
基本的にはLauncherなので着せ替え気分でrootが取得していなくても使えます。
device-2013-08-08-142240

DL先は「xda」なので身元不明のアプリがインストール出来るようにしてからになります。
DL/Android 4.0.3+ Xperia™ Launcher 3.0.0

参考/juggly
参考/XperiaにおけるAndroidアプリ考察

ファイルが幾つか有りますがSC-05Dが4.1にupdateされているので「Android 4.1+」を選択DLします。ファイルは拡張子が「apk」なので適当なところにPCから転送。Xperia_Launcher_3.apkをタップするだけでインストール画面に遷移するので「インストール」をタップすれば完了します...至って簡単。
device-2013-08-08-142322

ちょい英文ですが、他にXperiaのアプリがあるので、序にDLしてインストールしてしまいます。
device-2013-08-08-142448

device-2013-08-08-142258

大して難しい文章ではないので、アプリインストールの注意書きを読んで下さい。

Glaxy NoteⅡ SC-02E/root化...

私に取っては不要と思えるアプリを凍結、または削除をしたかったので、結局root化してしまいました。
で、SC-02E用のカスタムカーネルも適用しました。

rootを取得すると言ってもSC-05DやSC-06Dの時の様な苦労は無く、SU入りのROMをodinで焼くだけ。お手軽と言えばお手軽なのですが、ここまで様式が単純化されていると、何か拍子抜けしてしまいますが、有難く使わせていただきます。

SU入りROMが飛び歩くのもちょっとな~...ある程度は苦労しないと、覚えないような気もするし...

SC02EOMAMC2/SU入り純正ROM

純正ROM...何はともあれ、これが無ければ復旧もままなりません。
SC02EOMAMC2
SC02EOMAMB1
SC02EOMAMA6
SC02EOMALJF

カスタムカーネル/CWM...sakuramilk/ほむほむ
github/SC-02E

手順はSC-05D/SC-06Dの時とまったく同じ(過去記事を参照してください)
対応しているベースバンドバージョンは「SC02EOMAMC2」ですね...設定→端末情報で確認して下さい。
*SC-02Eをリカバリーモードで起動...ボリュームダウン+ハードキー+電源キーを同時押しする。本体がブルっとしたら、電源キーを放す。
*リカバリーモードが起動したら、ボリュームアップする。
*PCとSC-02Eを接続。
*odinを起動。
*PDAの項目にSU入りイメージを選択。
*odinのスタートボタンを選択実行させる。
後はSC-02Eが再起動するまで、まったりと待つ...再起動したら完了。

カスタムカーネルのインストール。
手順は上記と同じ...githubからSAMをダウンロード(今回はカスタムロムを入れないのでSAMSUNGのオリジナルカーネルをカスタマイズした物を使いました)
理由は簡単...オサイフやらワンセグを使いたかったからなんです。カスタムロム遊びはSC-05Dだけで十分。

これでrootの取得は完了。CWMなどは好みでインストール...環境をフルバックアップしたかったので、私はCWMもインストールしました。