Xiaomi Redmi Note 9S/lineage-18.1-20210226-UNOFFICIAL-miatoll

う~ん、良いのだけれど予想通りな結果になってしまって…回避策はあるけれど、はっきり言ってめんどい作業になるので、今回はここまで「lineage-18.1-20210226-UNOFFICIAL-miatoll」はandroid 11なので「19」が出てからかな手間を掛けるのは、はい今日はここまで…

ここで最新版をダウンロード出来ます。

lineage-18.1-20210226-UNOFFICIAL-miatoll.zip

Xiaomi Redmi Note 9S/Arrow OS (android 12)

どれが良いかなと…面倒がないのかなと探し付いたのが「Arrow-v12.0-miatoll-UNOFFICIAL-20211112-GAPPS」です。何せgappsを後入れしなくて良いし、セフティーネットの可否を気にしなくて済む事かな。
動作も至って安定…と言うよりもド安定しています。その代わりにカスタムロムに有りがちな、あれも出来ます、これも出来ますは無しでカスタム項目はストックロムと変わりません。

以下、カスタム項目

ま~、カスタムロムが入ったと言うお話です。

Xiaomi Redmi Note 9S/xiaomi.eu_multi_HMNote9Pro_HMNote9S_V12.5.1.0.RJWMIXM_v12-11

xiaomi.eu_multi_HMNote9Pro_HMNote9S_V12.5.1.0.RJWMIXM_v12-11のインストール手順…

一度電源を切りorenge foxを起動 (ボリュームの上と電源ボタン)
Wipe
✓Data (Dataのみチェック)
Swipe to Wipe

Install – ROMを選択

Xiaomi.EU ROM MIUI12.5をインストール
Install – ROMを選択
xiaomi.eu_multi_HMNote9Pro_HMNote9S_V12.5.1.0.RJWMIXM_v12-11.zip
Swipe to confirm Flash

Wipe Cache/Dalvik – Swipe to Wipe
Reboot System
初回起動は約10分ほどかかります。

※再起動後リカバリが起動した場合
Wipe – Format Data – “yes”と入力 – Reboot System

Xiaomi Redmi Note 9S/Xiaomi ADB Fastboot tools

あちら、こちらで書かれているので詳細は各々で検索して下さい。
Xiaomiのapp、色々と言われていますが「Xiaomi ADB Fastboot tools」で怪しそうなappを削除してしまえば済む事です。私の場合は以下のappを選択、チェクボックスにチェクをいれuninstallボタンを押せば安全に削除できます。

以下、私がアンインストールしたapp名です。

Joyose(広告関連)
Msa(広告関連)
wmservice(広告関連)
Market Feedback Agent(広告関連)
Mi Credit(使わない)
Mi Pay(使わない)
MIUIDaemon(情報収集)
Xiaomi Service Fremework(送受信大、不審な通信)
Xiaomi SIM Activate Service(国内では必要ない)
micloud(使わない)
VsimCore(消しても問題なし)

iBasso Audio DC02

DAC内蔵のポータブルアンプです。「iBasso Audio DC02」これが中々馬鹿になりません。
自炊192k/24bitで聴いていますが、これが実に良い、音楽の機微を表現してくれる。気持ちよいほどと言えば良いのでしょうか空間がポッて浮かび上がるさまは秀逸なポータブルアンプと言えるでしょう。

ただ、残念な事に「HUAWEI P30 PRO」だと相性の問題だと思うのですが、音楽の再生途中で出力停止になってしまいます。これ私の環境だけかも知れませんが、どうにも納得できない現象です。で、何で聴いているかと言えば「Xiaomi Redmi Note 9S」を使っています。動作はエラーも無く無問題です。
プレイヤーは「onkyo HF プレイヤー」の有料版を使用しています。有料版でなければハイレゾがネイティブに再生出来ないからからです。このプレイヤーは何年も使い続けているので癖もある程度把握していますし、それ以上に音楽が音楽らしく奏でてくれるから好きなんです。まー、長々と書き連ねていますがこのポータブルアンプには出てくる音に素直な質を持っているのは確かです。

Xiaomi Redmi Note 9S/Orenge Fox 再び

何度、トライしても「TWRP」がうまい具合に起動できず、仕方ないので「Orenge Fox」を再び使用しました。インストールは至って簡単でRN9sのファストブート起動…usbでpcと接続、後はadbコマンドを打ち込むだけ「fastboot flash recovery recovery.img」これだけでOK!!
インストール後RN9sを再起動させます。再起動時にVOL+を長押し、電源swも長押しして、本体がブルんとしたら電源swを離して少しすると「Orenge Fox」に対面できます。

OrangeFox-miatoll-stable@R11.1_2.zip

Xiaomi Redmi Note 9S/Re unlock

168時間過ぎて、ブートローダーのアンロックが完了しました。最初に「miflash_unlock-en-5.5.224.24」を使って見ましたがパスワードが通った後からエラーになりその先に進めずに首を傾げていましたが、新版の「miflash_unlock-en-5.5.1008.26」が丁度降って来たので試した所、エラーも無くすんなりと作業が完了。168時間経過後の追作業も問題無くこれも終了…TWRPにしようかorenge foxにしようかと考え中、考えている間が一番に楽しい時間ですね。

MIUI12.5.1.0、バッテリーの持ちも若干良くなり、12.0.4と比較して操作感も若干ですが向上したような気がします。私の環境であったディスプレイの誤タッチも少なくなりました…

Xiaomi Redmi Note 9S/Bootloader Lock

Xiaomi Redmi Note 9S、「12.5.1」にアップデート後、何故かBootloader Lock状態になってしまい、今アタフタとしています。原因がアップデートにあったのはハッキリとしているので、再度unlockの手順を踏めば良いはずなのですが「miflash_unlock-en-5.5.224.24」が言うことを聞いてくれず画面がクールクル、操作している当人もクールクルしています。

Xiaomi Redmi Note 9S/MIUI 12.5.1.0 update

今朝ほど「MIUI 12.5.1.0安定版」が降ってきました。待ちに待ったupdateです…updateのインストールに失敗しましてMiFlashのお世話になってしまい、12.0.4からインストール。
弄りすぎが原因でインターナルストレージ内の全てを削除してしまったんです。で、再インストール、その後すぐにupdateで12.5.1.0に…

update後、まだ使い心地までは言えませんが、12.0.4と見た目は余り変わらない印象です。ただ見えない処は大分変更されている様です。

V12.5.1.0.RJWMIXM

Xiaomi Redmi Note 9S/続…にゃ~

昨日、時間が取れたのでデータ行方不明事件の検証をしていました。
まず内部ストレージに音楽データ(ハイレゾ)が正常にコピー出来るのか...これは何の問題も無く50GB程のデータコピーが1時間ほどで終了。次に別の手持ちマイクロSDを試しました、これも問題無く50GB程のデータコピーが出来ました。結果、新規に購入したマイクロSDが不良品であった事が判明しました。普通ならここでメーカーに交換を申し出るのですが、私が購入したのは平行輸入品なので交換を申し出る訳には行かず、格安なので泣き寝入りかな。ま~、泣き寝入りしても良いかな程度の価格だったのでね。