DELL アンバサダー...XPS13/3

返却の期日が迫って来ていますので...この辺りで纏めてみると良いかなと。
一番の目的であった写真の現像処理ですが、まーったく無問題に、ノート型pcとは思えないパフォーマンスでして一枚、二枚程度の現像処理で有ればそれこそあっという間に自動処理されてしまいます。出来上がった写真を表示させても黒潰れなど見られずに鮮やかに色再現される。

まー、こんな処でしょうか。
その他の動作にも問題なく快適な一言...ただ、有線のlanがやはり欲しい、usbが有るのでアダプターさえ有れば出来るのでその辺りは運用次第と言う事でしょう。

DELL アンバサダー...XPS13/2

2度目のレポのートになります...手元に届いたXPS13はカタログ上には存在していない「core i7」のバッチを付けている物でした。
当然ですがメモリーもばっちり積んでいます。
テストと言っちゃ何ですがwavをハイレゾflacファイルに変換すると言う非常に重たい処理をさせて見ました。私の普段使いのnote-pcですとアルバム1枚、約13曲の変換作業をさせると大体が一晩掛かるのに対してXPS13っだとアルバム1枚程度の時間で済みます、流石シングルスレッドと、マルチスレッドの違いを実感。

webカタログには「core i5」までしか出ていませんでしたが、裏返せば注文時に指定すればokと解釈しましたが、カタログモデルに幾ら上乗せすれば良いのでしょうか???

今時の機種なので無線LANのみですが、私の場合は普段から有線LANなのでネットワーク接続のwindows独特の言い回しにちょい手古摺りましたが、一度接続すれば頗る無線の安定度...一昔前のような事も無く有線と変わらないですね。

DELL アンバサダー...XPS13

先週末からDELL XPS13のモニターを始めています。
開封の儀なんてのはかっとばして、速攻でXPS13と対面、本体が薄いですねー...LANポートが無いので無線接続のみ、この辺りの割り切りの良さとデザイン、バランスが取れていますね。持ち歩くには適当な13型画面...本当は15型画面のXPS15を希望していたのですが、第二希望のXPS13になりましたが画面の解像度、発色など何の不満も無くこれで良かったのかも知れません。レポートは2度くらい書きますね。

galaxy S5/docomo SC-04F...返却準備

「GALAXYアンバサダー/モニタープログラムに参加していしています」でお借りしているGalaxy S5/docomo SC-04Fの返却準備をしていました。
「odin 3e」モードなど使っています...一般的には知られていないサービスモードの一つを使い本体内に有る設定情報、パーティーションなどを削除して、本体内にOSすら残っていない状態にしました。

*以下の手順は一般的な操作では有りません。

IMG00002

次にダウンロードモードに移行、この時にsystem改変などしているかも確認できます。system改変などを行っている場合にはステータスにカスタムとの文字列が表示され、KNOXの文字列が0x0から違う文字列に変化します。

IMG00003

予め用意した「SC04FOMU1ANE3.md5」をodinを使いインストール。

IMG00004

基本的にはこれで設定情報など綺麗さっぱりなのですが、どうにもならない部分が一か所...こればかりは現状では手も足もでません。カスタム判定はどうにか出来ますが、KNOX判定ばかりは、今の処どうにもなりません。

「systemの改変」と「system機能の設定変更」では大きく意味が異なります。

galaxy S5/docomo SC-04F...どちらが、どちらでしょうか???

これもデーター改竄...不正改造と言われそうですが。
三脚にて固定。撮影後SC-02FのサイズにSC-04Fの画像をトリミングと縮小。SC-04Fの画像データ(exfix)をSC-02Fに書き換え。
16Mと13Mの画像差をご覧ください。

写真...1
yuri_0

写真...2
yuri_1

「GALAXYアンバサダー/モニタープログラムに参加していしています」的な書き方では無いのですが、写真を出力して見て確かに発売時期の差は有るかなとは思います。
SC-02Fと比較して高画素の撮像版を採用しているので解像度は高いかと思いますが、それはピクセル等倍での話で、実際にはサービスサイズにプリントをした時には、その差は無いと言って良いもかも知れません。もう一つ言える事は撮像版面積が略同じサイズにも関わらず高画素化しているので一画素辺りの受光面積が小さくなっている事。これは何を意味しているのかと言えば暗所撮影した場合、撮像版の面積が同じであれば明かりをとらえる事が難しくなり、僅かな光を電気増幅する為に信号を増幅するのでノイズが写真に乗りやすい事を意味します。
今回、公開した写真は夕方の撮影。当然、十分な光量が得られている訳では有りません。その辺りを加味して比較してみて下さい。

今回の記事は意地の悪い書き方を敢えてしています。
明日には返却の為に発送する予定でいます...期日より少しばかり早いのですが私にとって必要なデーターが得られた為です。はっきり言えばadb接続をしてlogを取得しています。根に持っていますよ...不正改造と言われた事に、logを元に記事を公開すればまた言われ兼ねないので「GALAXYアンバサダー/モニタープログラムに参加していしています」から早めに切り上げたいかなと考えています。

galaxy S5/docomo SC-04F...bandを見る

比較の意味で...何も弄っていない標準状態でLTEの接続バンドと接続帯域幅を覗いて見ました。

galaxy S5/docomo SC-04F
sc-04f

band21(1500MHz) 帯域幅15MHz...帯域幅が広いのでブラウジングは気持ちよいくらいに早いですね。

galaxy J/docomo SC-02F
sc-02f

band19(800MHz) 帯域幅10MHz...帯域幅はそんなに広くは無いのでSC-04F程はブラウジングが早くは無いのですが、体感的にはそん色ないですね。

galaxy NOTE2/docomo SC-02E
sc-02e
band21(1500MHz) 帯域幅15MHz...これには驚いています。少しばかり古い機種ですがband21を掴み、帯域幅も15MHz、ブラウジングもそんなに遅いとも感じさせません。まだまだ現役で行けそうです。

参考...
l-01f
band19 帯域幅10MHz...SC-02Fと同じ。

band21は東名阪以外で高速通信が出来るとしてdocomoが展開している周波数。帯域幅もそれに見合った15MHz...これを生かすのにはそれなりのスペックが必要なんですね...ま~、私が住まいしている地域は田舎なので、どのbandを掴もうがストレスを余り感じません。

ここで困った問題が...「GALAXYアンバサダー/モニタープログラムに参加していしています」的にはgalaxy S5が素晴らしいですよと記述しなければいけないのですが、接続bandと帯域幅を見る限りはgalaxy NOTE2/docomo SC-02Eも変わらない...同じSAMSUNGの製品と言う事で許して貰いましょう。

band19のメリットは使用周波数が低いので電波の性質として、電波の到達距離が長い事と、障害物を回り込む特徴があります。私の様に山などを歩く人間には有り難いbandなんですね。とは言っても、自動で使用bandは切り替わるので問題無しです。

galaxy S5/docomo SC-04F...galaxy j/docomo SC-02F

タイトルが二重...では無いです、ご安心を。
比較用に「Galaxy J/docomo SC-02F」を購入してきました。これなら「GALAXYアンバサダー/モニタープログラムに参加していしています」的に判りやすい比較が出来るかなと...

IMG00020

ま~、Galaxy S5と大きな違いはCPUとディスプレイサイズ位な物、Galaxy J/docomo SC-02FがGalaxy S5を上回っているのはメモリーの搭載量が3Gと大きい。この辺が体感的にどの程度の違いが有るのか興味のある処なんです。

*Galaxy J/docomo SC-02F用の「Android 4.4.x」が技適を通過したと聞いていますので、これも購入動機の一つになっていますね。

*ウルトラ省電力モードをず~と、ず~と試していましたが、試すのに飽きた...電池、持ちすぎ。一週間は立っているのに待ち受けと、時々の通話、Twitter程度だとS5は元気です。

galaxy S5/docomo SC-04F...ウルトラ省電力モード

いつものアプリでグラフを取ろうとしたのですが...データが取れません。
IMG00016

なので、簡単に機能紹介のみになってしまいます。
インストールされているアプリが全て使える訳では有りません、本当に基本機能な「通話」「sms」「mail」+フェースブックかTwitterくらいしか使えません。
当然ですが使用電力を少しでも節約する為に画面は「B&W」のみ...これに省電力モードなので、かなり電池が持つのでは無いかと予想しています。
現在、ほったらかしの状態で3日目...galaxy S5は元気に動作しています...こんなテストをしているから、ここ2日ほど記事が書けませんでしたね。

*ウルトラ省電力モードを選択している場合、通信環境はLTE or 3Gのみの動作になりwifiは選択できません。廻りじゅう停電している事が前提なような気がする。

ま~、中身をごにょれば、たぶんデータは取れるかと思いますが、「GALAXYアンバサダー/モニタープログラムに参加していしています」なのでごにょれません。

本当は、こう言うデータこそメーカーさんに文字では無く、一目で判るグラフとして公開して貰えたら良い目安になるのでは無いかな。

galaxy S5/docomo SC-04F...mailがとんできた

GALAXYアンバサダープログラム運営事務局から文章中に「GALAXYアンバサダー」モニタープログラムに参加している旨を記述して下さいとmailが飛んできました。
私的にはタグで十分に伝わると考えていましたがそうでは無いらしい...以降、blog記事中に「GALAXYアンバサダー/モニタープログラムに参加していしています」的な記述を入れます。公開してあるページには記事下部に表記します。

galaxy S5/docomo SC-04F...ServiceMode

既知の「Galaxy ServiceMode」は塞がれていますね...ちょとお手上げ感が漂っています。

これ使えないし...
Screenshot_2014-06-02-10-53-43

ま~、それでも呼び出せるのが一部のテストモード

*#0011#
多分、ここから何かが出来そうな雰囲気が漂っていますが、操作方法が判らない。
Screenshot_2014-06-02-23-28-22

*#0*# (Test Menu)
Screenshot_2014-06-02-23-25-31

*#7353# (Quick Test Menu)
Screenshot_2014-06-02-23-39-38

何がどう開くのかは追っかけしていますが、band固定は出来そうもない感じですね。
ServiceModeが使えれば色々と便利なのですが、こうも塞がれていると手も足も出ない感じ、反対に言えばセキュリティーがしっかりしてるとも言えます。

他のテスターの方々とは大分毛色が違いますがお許しを...

GALAXYアンバサダー/モニタープログラムに参加していしています。