docomo dtab compact d-01J/micro SD

docomo dtab compact d-01Jの内部ストレージは16Gしか有りません。そこでマイクロSDカードを使用して内部ストレージ化し見た目は「内部ストレージ+マイクロSD=合計容量」と言う機能が標準で備わっています。今回はroot化の必要が無い機能なので割とお手軽に出来ます...ただし純粋な内部ストレージに為るのではなく写真などのデータやappのデータが内部ストレージに記録されるものがマイクロSDに保存されると言う物です。

設定⇒メモリとストレージ

デフォルトの保存場所,SDカードを選択

最後にフォーマット何タラと警告が出てきますが無視してokを選択します

これでマイクロSDカードの内部ストレージ化は完了です。


docomo dtab compact d-01J/ブートローダー アンロック

dtab compact d-01Jのブートローダーのアンロックを実行して見ました。android 6の環境ではなくアップデート後のandroid 7で行いましたが問題なくアンロック出来ました...アンロックコードの発行はいつも通りにDCアンロッカーさんを利用しています。手順などはd-02Hと何も変わらずに行うことが出来ました...解説はd-02Hのページを読んで下さい。

*d-01Jにはダイアルモードが無いので標準搭載の電卓モードを使います...()()2846579()()= でProjectMenuが開きます。以下手順は英文ですが、順番通り追いかけるだけなので問題は無いかと思われます。

*電卓は横向きにして使用します。

*シリアル、アンロークコードは伏字にしてあります。

=====================================================================
Before detection Huawei Android phones, enable ‘Manufacture’ mode:
in dial pad type *#*#2846579#*#* for Qualcomm and Kirin based models, or *#*#14789632#*#* for MTK, then select
‘ProjectMenu’,
‘Background settings’,
‘USB ports settings’,
‘Manufacture mode’.
Step by step guide for other Huawei phone unlock:
https://www.dc-unlocker.com/huawei_phones_detect_unlock_tutorials

====================================================================
DC – Unlocker 2 Client 1.00.1403

Detecting phone :

selection :
manufacturer – Huawei phones
model – Auto detect (recommended)

Found Applications port COM5

Model : Huawei HiSilicon Kirin Android phone
Serial NR. : DEK6R1**********
Firmware : NRD90M test-keys

===================================================================

Reading bootloader code…

Bootloader code : 554101**********

===================================================================


Please close it after selecting Manufacture mode.

PCとタブレットを接続してadb reboot bootloaderとコマンドを入力します。
端末がfastbootモードで起動した状態で以下のコマンドを実行してブートローダーのアンロックを行います。

fastboot oem unlock *********
(******は取得したアンロックコードです)


docomo dtab compact d-01J/adb shell pm uninstall

物忘れがひどいので、某所より無断転載...adb環境が有ってrootが取りたく無い方用。
adb shell pm uninstallと有り、docomo appを削除するように見えますが実際には削除されず、docomo appの無効化だけされます。此れによって使用容量が増える訳では有りません。
*docomo Live UX(ホーム)まで無効化されてしまうので、予めノバランチャーなどのホームappに切り替えてから実行してください。

adb shell pm uninstall -k –user 0 com.android.contacts
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.huawei.d01j.manual

adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nextbit.app
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.accountauthenticator
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.accountwipe
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.anmane2
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.apnsw
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.applicationmanager
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.areamail
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.atf
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.bugreport
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.cloudset
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.databackup
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.dcmvoicerecognition
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.devicehelp
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.dhome
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.dmenu2
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.docomoset
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.homeagent
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.iconcier
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.iconcier_contents
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.idmanager
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.initialization
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.mascot
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.mediaplayer
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.osv
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.pf.dcmippushaggregator
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.pf.dcmwappush
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.remotelock
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.schedulememo
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.screenlockservice
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.sdcardbackup
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.socialphonebook
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.store
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.voiceeditor
adb shell pm uninstall -k –user 0 com.nttdocomo.android.wipe
adb shell pm uninstall -k –user 0 jp.co.nttdocomo.anshinmode
adb shell pm uninstall -k –user 0 jp.co.nttdocomo.bridgelauncher
adb shell pm uninstall -k –user 0 jp.co.nttdocomo.carriermail
adb shell pm uninstall -k –user 0 jp.co.nttdocomo.lcsapp
adb shell pm uninstall -k –user 0 jp.co.nttdocomo.lcsappsub
adb shell pm uninstall -k –user 0 jp.co.nttdocomo.saigaiban
adb shell pm uninstall -k –user 0 jp.co.omronsoft.android.decoemojimanager_docomo


docomo dtab d-02HのHuawei M2化...ブートローダー

スッピンの状態ではブートローダーがロックされているのでこれをアンロックしなければなりません。参考にした記事ではHuaweiのホームページからアンロックコードが取得できるとの記述が有りますが、私はここで最初の躓きをしてしまいHuaweiのメインサイトなど探し回っていましたが、結果は当該ページは削除されていまして半日ほど時間を取られてしまいました...Huaweiの日本サイトから始まりenのサイト、果ては本国のサイトと探し回りました。
で、アンロックコードは4ユーロ(日本円で¥500程度)程で取得できる「DC-UNLOCKER」さんで発行して貰いました。

*支払いにはクレカがっ必須です、デビットカードでも可能ですが、支払いにはペイパルが確実です。

DC-UNLOCKERさんの使い方はxdaフォーラムを参考にしています。

取得したコードはメモに取って置きます。

PCとタブレットを接続してadb reboot bootloaderとコマンドを入力します。
端末がfastbootモードで起動した状態で以下のコマンドを実行してブートローダーのアンロックを行います。

fastboot oem unlock *********
(******は取得したアンロックコードです)

un lockが完了すると上記の絵の通りになります...


docomo dtab d-02HのHuawei M2化...

d-02HはHuawei M2のdocomoバージョンと言うのは割と知られています。そこで遅れ馳せながらd-02HをM2化して見ました...当然ながらdocomoのサポートは受けられなくなるので、それなりの覚悟は必要になります。文鎮化させたり、復旧不能に為るかも知れないリスクが有りますが、手順と時間さえ掛ければ何とか為る物です。ただ上記のリスクとdocomoのサポートが受けられなくなる事は頭の中に入れて置いて下さい。

参考にしたサイトは「趣味と飛行とガジェットと」さんです。
基本的にはこちらのサイトの手順で進めればM2化は可能ですが、記事が昨年の春とそれ以前の物となりリンク先が削除されていたり、リンク先の記事が変更されていたりで中々M2化するまで手間と時間を要しました...本来でしたらバックアップを取りd-02Hに戻せるようにしますが、私の場合は偶々d-02HのROMが入手出来たのでバックアップは取りませんでした。

記事が長くなりそうなので何回かに分けて記事をupします。