UMIDIGI F1...lineage-17.1-20200913/project treble

先日公開されたカスタムロム「lineage-17.1-20200913-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvS」...何やら最終のサフィックスが見慣れないのですが、これは機能変更があった為ですね。
変更点は「Root」が組み込まれたと言う事。末尾の「bvS」は「vanilla・su」の意味だそうです。

phh s SuperUser_v1.0.3.3.apk」をxdaから入手してインストールしますが、インストール中警告が出て来ますが無視してインストールを続行してください。インストール後はrootチェカーなどで確認して下さい...

UMIDIGI F1...lineage OS 17.1-20200808/project treble

lineage-17.1-20200808-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvNが出ていたのでインストールして見ましたが、前回と異なりgappsがstokではインストールエラーを起こしてしまいnanoでokでした。暴言を吐けばはいりゃどちらでも良いのです。

もう一つの違いは壁紙が何一つ入っていませんでした。ま~、どうでもよい事なのですが違いは、違いなので...後から入れれば良いだけの話です。

気が付かなかっただけなのかも知れませんが「日本語IME」入っていなかったのでgoogleのIMEを入れました。まー、ATOKでも良かったのですがgoogleがお手軽なので、IMEの選択には大した意味は有りません。

UMIDIGI F1...lineage OS 17.1-20200713/project treble

7月のパッチが降ってきましたね「lineage-17.1-20200713-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvN」...安定のカスタムロム。今回はgappsをnanoに変更しました。これでインストール時間が短縮できると喜んでいましたが、いざ起動させるとセキュリティーエラーから画面が見えなくなる程のサイズでエラー警告が出てしまい、ちょい焦りましたがtwrpからキャシュやらデータをワイプ、それで事なきを得て無事に正常起動しました。

UMIDIGI F1...lineage OS 17.1/project treble

6月6日に出ていたカスタムROMの一方の雄のをインストールしました。「lineage-17.1-20200607-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvN」素の状態ではカスタマイズ性は低いものの安定性は一目置くものです。

インストールは例によってSPFTからになります。私の使っているTWRPはファイルサイズが1Gを超えるものだとエラーを起こしてインストールが出来ないようです。

UMIDIGI F1...lineage OS 17.x/project treble

umidigi F1にカスタムロムをインストールして見ました...「project treble」の「lineage OS 17.1」です。lineage OSが結構、お気に入りなのかも知れません。後は「open gapps」が必要になります。

*A-onlyとA/Bと二つのタイプが有りますがumidigi F!の場合、A/Bのタイプを使用します。

linesge OSの場合、「.xz」拡張子を持つlinux用の圧縮ファイルなのでこれを解凍出来るソフトを探し出す必要があります。私の場合は「Bandzip」と言う解凍ソフトを使いimgを手に入れています。

インストールはSPFTを使いsystem.imageを焼き込んでいます。ま~、焼き込む前にはTWRPでデータやらcashやらをワイプする必要が有りますが...OSのインストール後、lineage oSが起動するのを確認してTWRPを使いgappsをインストールして完了にになりなります。