umidigi F1/magisk…その後

magiskを導入するのにはTWRPが入っている事が前提になっています。
今回はカスタムROMでは無くストックROMに入れてみました。ストックはandroid 9になります。手順自体は変わらずにカスタムROMに入れ替えられると思います。

前回の記事のリンクからmagisk-23,0をダウンロードしてきます。ダウンロード後magiskの拡張子”apk”をzipに書き換えしてスマホのダウンロードディレクトリに転送します。転送後TWRPを使いmagiskをインストールします。インストール後スマホを再起動させ画面内にmagiskのアイコンをタップし起動させます。画面下にあるモジュールアイコンをタップしその中に”magisk hide props config”が有るのでそれを選択して下さい。次にXDAから”universal safetynet fix”をダウンロードして来ます。それもスマホのダウンロードディレクトリに転送します。拡張子がAPKのままなのでスマホのファイラーからuniversal safetynet fixをインストールします。その間、再起動が必要になるので気長に作業していきます。

で、全てがうまくいくと…

別口のアプリで再確認すると…

すると”CTS”もOKに…でもね。

で、このままでは気に入らないので原因を探るとキャシュ類が悪戯している事が判明、なのでTWRPを起動し”Dalvik/ART CacheとCache”からシステムキャシュを削除します。

そうすると、目的であったPlayプロテクトの解除に成功しました。

umidigi F1/magisk

nameさんから以下のコメントを頂いたので”magisk”を使ってみようかと…何分にもmagiskは初めて扱うので見様見真似、手探り状態からのスタートになります。
magisk自体はあちらこちらにありますが、ちょい怖いので公式からDLしました。バージョンはv23.0が最新の安定板の様なのでこれをインストール。rootを取る事が目的ではありません、rootは副産物と考えています。

”magisk hide props configやuniversal safetynet fixというモジュールを使うと隠せるはずです
magisk hide props config→機種の偽装etc
universal safetynet fix→ブートローダー解除情報の偽装”

nameさん、有難うございます。”magisk”1年生なので一つずつやって行きます。

umidigi F1/野良apk

どちらのapkを使っても同じ結果が出るので、う~ん首を傾げています。

Device ID Android ID_v2.2_apkpure.com.apk
Device+ID.apk

googleのセキュリティーが厳しくなったのが2021/3-16からなんですね、カスタムROM/GSIにGSF(グーグルサービス)を使おうとすれば以下のコマンドを利用するか、上記のid生成用の野良apkを使うかしか有りません。

adb shell’sqlite3 /data/data/com.google.android.gsf/databases/gservices.db“ select * from main where name = \” android_id \”;” ‘

私の環境ではコマンドを実行すると、そんなデーターidは無いぞとエラーコードが帰ってきてしまい残る手段は野良apkを使いidを生成する事しかありませんでした。

実行結果は認定されていませんが、何故かGSFは使えるようになっていました。

警告が出っぱなしと言う中途半端な結果で、何となく釈然としないので現在進行形で追いかけています。

umidigi F1/caos-v302-210309-arm64-bgZ-lite

良いんですよ、確かに良いカスタムROM/GSIなんです…「caos-v302-210309-arm64-bgZ-lite」。
けれど設定関係はマニュアル操作なんです。分る方には何ら問題は無いのですが、カスタムROM/GSIが初めての方には少しばかり扱いずらいかもしれないですね。

セキュリティーパッチは2021-3-5、最新ですね。
で、間違いやすいのは以下の写真の設定。これで「3G/4G」を掴むようになります。

このカスタムROM/GSIの肝に当たる部分です。此処ばかりは英単語が中心ですが中学生くらいの読解力が有れば十分です。ここで「root」設定が行えます。

umidigi F1 / lineage-18.1-20210111-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvS-vndklite

lineage OSが一昨日でてきましたね…インストールは問題なく、素直に入りましたが前回のAOSPと違い首を傾げたくなる挙動がありまして4Gを掴むのに一晩かかりました。
インストール直後、いつも通り3Gに落とし込んでと言いたい処なのですが、アクセスポイントを選択、その後ネットワークの選択になるのですが自動選択が反応しないんです。わっかがクールクルで一向に止まる気配は無く、それではマニュアルで選択してもネットワークが選択できないを何度か繰り返し状況は変わらず、仕方ないので再度3Gを選択、ネットワークの選択は自動にして寝てしまいました。で、起きたら3Gでネットワーク接続されていたので、すかさず4Gへ変更…今の処は安定して4G接続されていますが、これが私だけの環境ならそれはそれで解決方法を探さなければいけませんね。

umidigi F1/AOSP 11.0 v300l

1月のセキュリティーパッチを乗せたAOSP11.0 v300l…今回は早かったですね。

前回のような大規模な変更は無く、小規模な機能更新でしたが、それでも何時もの癖は解消されていませんでしたが3Gへの接続時間が短くなりました。当然の事ですが3Gから4Gへの切り替え時間も短く、不自由は無いものの小さな変更の積み重ねが功を奏しているのではと思います。

現状、android11はlinage OSを含み3種類出ていますが、umidigi F1で試した限りでは3種類とも安定度は文句は有りませんでした。今後、徐々にカスタムROMは増えて行くかと思われますが何を使おうかと考える楽しみが出てきましたね…

umidigi F1/AOSP 11.0 v300j

カスタムROMのaospの今月のセキュリティーアップデート版です。andorid11になりますが、今回はgapps付きの物をインストールして見ました。
system-rora-arm64-ab-vndklite-gapps」と言う長たらしい名前ですが、インストール自体は何も問題なく出来、インストールは5分程度で終了しました。
何時もならこの後open gappsをと言う流れですがgapps付を入れたのでひと手間省けています。
そして前回あった問題点なのですが半分は解決されていました。手順は至って簡単でして、一度3Gに落とし込んでアンテナピクトが立ち接続されたのを確認した処で4Gに切り替えるだけ。なので半分解決なのです...本当なら、アクセスポイントの設定だけで4Gにそのまま接続されるのが理想なのです、ま~、この程度は手間の内に入りませんが、この辺が改善されるのを気長にまちますか。

umidigi F1/lineage-18.0-20201120-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvS-vndklite

新しい「lineage-18.0-20201120-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvS-vndklite」を入れて見ましたが...イマイチスッキリとしません。simは認識しているのですがapnが勝手に選択が消えていたりで...前々回のバージョンの方が実用上では良かったかも知れません。aospも同じ症状でちょい首を傾げています。

aospがベースなので同じっちゃ、同じなのですが、この症状が続く様ならxdaにポストして見ようかとも考えていますがどうでしょうかね???

UMIDIGI F1...lineage-17.1-20200913/project treble

先日公開されたカスタムロム「lineage-17.1-20200913-UNOFFICIAL-treble_arm64_bvS」...何やら最終のサフィックスが見慣れないのですが、これは機能変更があった為ですね。
変更点は「Root」が組み込まれたと言う事。末尾の「bvS」は「vanilla・su」の意味だそうです。

phh s SuperUser_v1.0.3.3.apk」をxdaから入手してインストールしますが、インストール中警告が出て来ますが無視してインストールを続行してください。インストール後はrootチェカーなどで確認して下さい...