umidigi F1/magisk…その後

magiskを導入するのにはTWRPが入っている事が前提になっています。
今回はカスタムROMでは無くストックROMに入れてみました。ストックはandroid 9になります。手順自体は変わらずにカスタムROMに入れ替えられると思います。

前回の記事のリンクからmagisk-23,0をダウンロードしてきます。ダウンロード後magiskの拡張子”apk”をzipに書き換えしてスマホのダウンロードディレクトリに転送します。転送後TWRPを使いmagiskをインストールします。インストール後スマホを再起動させ画面内にmagiskのアイコンをタップし起動させます。画面下にあるモジュールアイコンをタップしその中に”magisk hide props config”が有るのでそれを選択して下さい。次にXDAから”universal safetynet fix”をダウンロードして来ます。それもスマホのダウンロードディレクトリに転送します。拡張子がAPKのままなのでスマホのファイラーからuniversal safetynet fixをインストールします。その間、再起動が必要になるので気長に作業していきます。

で、全てがうまくいくと…

別口のアプリで再確認すると…

すると”CTS”もOKに…でもね。

で、このままでは気に入らないので原因を探るとキャシュ類が悪戯している事が判明、なのでTWRPを起動し”Dalvik/ART CacheとCache”からシステムキャシュを削除します。

そうすると、目的であったPlayプロテクトの解除に成功しました。

umidigi F1/magisk

nameさんから以下のコメントを頂いたので”magisk”を使ってみようかと…何分にもmagiskは初めて扱うので見様見真似、手探り状態からのスタートになります。
magisk自体はあちらこちらにありますが、ちょい怖いので公式からDLしました。バージョンはv23.0が最新の安定板の様なのでこれをインストール。rootを取る事が目的ではありません、rootは副産物と考えています。

”magisk hide props configやuniversal safetynet fixというモジュールを使うと隠せるはずです
magisk hide props config→機種の偽装etc
universal safetynet fix→ブートローダー解除情報の偽装”

nameさん、有難うございます。”magisk”1年生なので一つずつやって行きます。