docomo dtab compact d-01J/TWRP

root化が目的では無いのですがtwrpが必要なのでインストール...後で純正のリカバリーに出来れば良いかな程度の気持ちでいます。
今回はちょいケーブルの接触不良から思わぬ手間がかかってしまいましたが手順は至っってシンプルです...例によってadbコマンドを操作してのインストールになります。

adb reboot bootloader
fastboot flash recovery twrp_BTV-DL09_5_greatslon.img
fastboot reboot

これでtwrpに再起動がかかるはずなのですが...いつもの起動画になってしまったので以下のコマンドからtwrpを起動しました。

adb reboot recovery

これで問題なし

参考
twrp_BTV-DL09_5_greatslon.img(android 7.0)

root化したい場合は「superuser.zip」と「Superuser_2.0_Beta_9.apk」をインストールすることでroot化が完了します。

*superuser.zipをインストールするにはTWRPを使用します。superuser.zipをsacdのルート直下にコピーしてTWRPでzipを指定してインストール。Superuser_2.0_Beta_9.apkも同じくインストールして下さい。

galaxy noteⅡ/sc-02e...cm-13.0-20160315-AOJP-sc02e

有り難いですね~、ローカルバージョン...ma34sさんに感謝。
Screenshot_20160328-000444

オサイフは使っていないので未確認ですが使えそうな手厚いガイドが有ります。時間が取れる方は一読をお勧めします。

最近はフィールドに出る事も無くて趣味の滝見もしていませんが、これから季節が良くなるので時間を見ながら再開したいかな、以前はgalaxy noteⅡを持ってビデオなど撮影していましたがカメラ性能にちらほらと不満が出てきたりで「ノートる」君でもオクで購入しようかなとも考えて居たりもしますが「LG G3」も持っていたりで如何しましょうか状態が続いていますです。

galaxy note2/sc-02e...久しぶりのCM

ma34sさん、ありがとう。
20160221_205831

再起動病も無く安定して動いとります...
...CM13と言っても判らないかも知れませんが「Android 6.0/6.01 Marshmallow」がベースに為っています。平たく言えばAndroidの最新版と言う処です。
ma34sさんのローカライズで「オサイフ」が動いています、これ以上何が必要でしょうかオマケに動作はサクサク、私には此れだけで十分ですね。

LG G2 L-01F/CloudyG3 2.1...

Lolipop(Android 5)目前ですが「CloudyG3 2.1」にupdateされました。

20141111_213917

大きく変更された機能は「ART」が追加されたことですか...後は細かいバグフィックス。
*ARTを選択した場合、動作は軽くなりますが、動かないappが出る事も有ります。理由は簡単...ARTに対応してないからなんですね。

詳しくはxdaを読んでください。

DL先 xda CloudyG3 2.1 All Variants

LG G2 L-01F/CloudyG3 2.0...Accurate Sound

「Audio-Technica/ATH-CKR5 RD」を先日、某家電量販店より購入してきました...お財布の都合でこの機種になってしまいましたが、はっきり言って日本人の真面目さ、何て言ったら良いのかAudio-Technicaの考えるアキュレートさを嫌いには成れないですね。
正直に言いますとAudio-Technicaの町田本社を訪れた事もあります。

img_29474

Audio-Technica/ATH-CKR5 RD、はっきり言って量販機です。家電量販店にはラックにぶら下がっています。店頭で試聴しました...これの下位機種のATH-CKR3より酷い音を聞かせてくれましたね...低域はボワボワ、芯は出ていないし、音の重心は高いし、レンジは狭いし、、音のキレや解像度も低くて、ちょい聞きでは最悪でしたね...それでも購入を決めたのは中音域に妙な癖は無く...そんな悪条件の中、それなりに素直な音を聞かせてくれた事。この一点だけで購入したんですね...鳴らし始めはぶん投げたい位に腹立たしかったんですがエージングが進むに付けて上下のレンジが広がり、音楽の重心が下がり、安定して来ました。
今ではハイレゾのファイル形式である「wav」と「flac」の音の違いが聞き分けられるまでになりましたね。

現在でも所有している「ATH-CK323M RD」と比較すればCK323Mが限られた帯域の中で音が前に出て来る元気な音とすれば「ATH-CKR5 RD」はモニター的な音を聞かせてくれます。一番の違いは上下のレンジの差...CK323Mが20/Hz~23/Kzの範囲でキッチリ聞かせてくれますが、それ以上にATH-CKR5 RDはレンジが広く音の...音楽の抜け切りが良く、それに音楽の解像度が良く、録音時のミキサーやアレンジャーが何を狙い、何を聞かせたかったのかも判るような気がします。これに関しての問題点も有りまして「192k~320k/MP3」では判別が付きずらいかなとも、私の場合、手間は掛かりますがハイレゾ音源の自炊をしています。当然ですが「44.1k/16bit」をupコンバートして「192k/24bit」に、そればかりでは無く上下の再生帯域を可聴帯域以上に生成しています。それ故にATH-CKR3とATH-CKR5の差を感じてしまいますね。

samusungの付属ヘッドホンでは低域過多、解像度不足。sonyの付属ヘッドホンでは低域が軽くベースの音程が下がり切らずに音程が不明瞭に、高域は適当に落ちているのでミュートがかったブラスやらスネアが抜けきらない。この辺りは個人的な志向が大きく左右しますが、私に取ってはとてはHi-Fi/Accurate Soundとは言えません...オマケ的にはiPhone5の付属ヘッドフォンもぶん投げたい口ですが。

何故か私の好みのメーカー「AKG」「Shure」「Sennheiser」などプロ用マイクを製造しているメーカに片寄気味...「sony/aiwa」もダイナミック型と言うよりリボン型マイク(C-37)が拾う繊細な音が好きだったりもします。蛇足ながらで録音機器で言えば「sony」「STUDER」が最も好みに入ります。

*この感想はLG G2 L-01F/CloudyG3 2.0+ハイレゾ音源+改変mixer_paths.xmlです。他の機種で聞かれている場合、当て嵌まるとは限りません。何れにしろ音や音楽の志向は各々に違いが有ります。

LG G2 L-01F/CloudyG3 2.0...hidden menu

「3845#*01#...hidden menu」、メニューが表示されるはずなのだが???

Screenshot_2014-09-30-08-27-50

表示はされるが、何故か「null」...考えました。もしや「CloudyG3」のインストール手順が違うんじゃないかと。

Screenshot_2014-10-01-09-38-53

ベースバンドを入れてから、本体を焼かないと具合が悪い事が判明...普段、使っている分には何の問題も無いのですが、やはり手順は守らないとダメっすね。

LG G2 L-01F/ファイルセット...

LG G2 L-01F/LGL22_CloudyG3用GPS or ハイレゾ再生用ファイルセット...判らない奴は使うな。

gps.conf
build.prop
mixer_paths.xml
ハイレゾ試聴用音源 (flac、wav)

>L-01f_LGL22.zip

ハイレゾ再生ファイルのチューニングは使用者が多いであろう付属のヘッドホン程度に合わせて有るので、ま~、そこそこ聞けると思う。まともなヘッドホンでは中高域が若干歪みっぽく聞こえると思う...

明朝には削除します...

LG G2 L-01F/CloudyG3 2.0

昨日「CloudyG3」のバグフィックスバージョンが出ました...速攻で1.3から2.0へ入れ替えました。

cg320

どこが変わったかって...見た目は当然ながら変わっていません...しいて言うなら「LGL-22」が新たにサポートされましたが、後はカメラ周りの機能が追加されたりくらいでしょうか。

Screenshot_2014-09-23-18-23-35

CHANGELOG
● Rebased on G3A ROM
● Added smooth scrolling tweak
● Fixed baseband detection
● Fixed OTT voice issue
● Fixed LGHealth map
● Updated QRemote database
● Updated FMRadio theme
● Updated Google apps
● Minor tweaks and bugfix
G2 Isai (L22) supported

DL先 xda CloudyG3 2.0 All Variants

updateインストールでも構いませんが、私しはフルワイプ+system formatしてから入れました...system内に余計なファイルは残して置きたく無かったので、平たく言えば新規インストールです。
1.3の時に変更したファイルはバックアップから戻したので使い心地は変わらず。当然ですが2.0のファイルと変更して有るファイルを比較しましたが、2.0で変更された形跡は見当たらず、まんま貼り付けただけ。

gps.conf → 記述変更なし
mixer_paths.xml → 記述変更なし
build.prop → 記述変更なし

ハイレゾ音源をスッピン状態で試聴しましたが、やっぱ上下の帯域幅が狭いわ、ダイナミックレンジは狭いわ...誰が使うのか判らないので、ま~、安全パイと言えば安全パイ。

そんなんでインストールと設定の戻しは完了...

「アルドノア・ゼロ」...最終話を見ましたが、強烈な終わり方...有りなのこんなの。

LG G2 L-01F/Audio-Technica ATH-CK323M RD

普及型と言うより、家電量販店で有ればラックにぶらがっているお安い部類のインナー型ヘッドホン...今回の「High-resolution sound/ハイレゾ」の音決めに使っています。
普通に考えれば高級機か最上位機種を使っているのではと思われそうですが、実は再現性を考えお手軽に購入出来て、どこにでも置いてある物。ある意味、これが大切なポイントなんですね。
img_20034
特性的にも程々...20Hz~23k/Hzをカバー、音圧レベルは公称100db...もっと低いような気がしますが、家電量販店での実売価格が2000円以下。これなら誰でも気軽に購入できるレベルでは無いでしょうか。難点はエージングが進むまで、シャカシャカと高域が目立つ煩い音質ですが、エージングが進んで来るとバランスの取れた音質に変化して来ます。そしてちょい細身な音質ですが価格からは想像できないタイトな立ち上がりの良い音楽を聞かせてくれます。平たく言えばコストパフォーマンスが良いんです。

こんなんで、今回は音決めをしていました...